FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜が始まる

ハルサワ「夜が明けない」の外伝的なものを考えてました。


---------------------------------------------------------------------------------------------



つまんない。つまんない。つまんない。

久々に学校に来たけど、授業は死ぬほど退屈で、教師なんてろくなやつがいない。

クラスの連中も嫌われないよう、愛想よく立ち回ってるような、気に食わないやつばっかり。

急に出てきた私のこと、純粋に驚いたふりしてるけど、内心見下してるのは見え見えだ。

私と目が合うと苦笑いして逃げるけど、「こんな奴と話してたら、周りにどう思われることか」と、避けていることがすぐわかる。

なんで学校なんか来ちゃったんだろう。

「ユウコ、あんたもういいかげんにしなさいよ!学校も行かないでいつまでふらふらしてる気!?」

今朝もお母さんは典型的なヒステリーおばさんだった。こんな言葉にも慣れっこだけど、居心地が悪いので、とりあえず外に出る。

それだけならまだしも、何を間違ったか制服に着替えて鞄を手に取った。

お母さんはポカンとしてたけど、

「こんな時間から行って、何になるのか知らないけど、やめさせられないだけマシなんだからね」

ぶつくさ言っていた。

「おい、武田!いつまで無視してる気だ」

今度は教師が何か言ってきた。

私が気づいてもグズグズしてるのを見て、

「ようやく出てきて、やる気になったと思ったのに、お前は何しに来たんだ?」

ああ、どうしてこうなんだろ。

うんざりしていると、聞き覚えのある声がした。

「先生、武田さんはしばらく休んでて、今やってる内容はわからないんですよ。私が答えます」

エリカだった。

小さいころからしっかりしてるし、優しくて、生徒にも教師にも好かれる。

中学に入るまではよく話してたな。

「まあ、そうか。じゃあ、問3、答えてみろ」

「これはまず……」

エリカの答えも、すぐに耳に入らなくなった。

どこでこんな差がついたんだろう。

就業のチャイムが鳴るとすぐに学校を出た。

エリカは私のこと気にしてたみたいだけど、あんなとこには1秒もいたくない。

とはいえ、家にも居場所はない。どうしようか。喫茶店でも入るかな。

あてもなくぶらぶら歩いていると横から声がした。

「ねえ、ちょっと遊んでみない?」

昼間から制服でブラブラしてるとこういう変な男に声をかけられる。

でも、今のは女の声?

思わず声の主を探すが、誰もいない

「ここよ。ここ」

今度はしたから聞こえる。

見てみると黒猫だった。猫?



私は黒猫と喫茶店にいた。

押しに弱い私は言われるままついてきてしまった。

まあ、もとから喫茶店でぼーっとしてるつもりだったし。

黒猫は異様に落ち着いていた。

猫がいすに座ってるのに気づかない店も店だけど、この猫はどうかしてる。

言葉をしゃべってる時点でそうだけど。

「あんた、暇そうにしてたからさ。手伝ってくれないかと思って」

何の話だろう。

「学校で誰か、すごいなって思う人いない?」

すごいってなんだろう。興味もわかないな。

「…エリカ、とか…?」

つい口をついて出た。

「エリカ?どんな子?」

「いつもクラスのリーダーで、気も利くし、好かれてるなあ」

「ふーん。じゃあ、その子に決めた」

決まったらしい。

「何が?」

「ちょっとね。ちょっかい出したいの」

「なんでもいいけど」

結局話は見えなかった。

飽きると店を出た。



次の日、お母さんは何も言わなかったけど、どう見ても私を気にしていた。

いたたまれないから、制服で家を出る。

制服姿の私を見て、期待するそぶりもあったけど、どうせ裏切られたと思うんだろうな。

河川敷をあてもなく歩いた。

「エリカって面白い子ね」

昨日の声がした。黒猫だ。



「あんた…」

「今は生徒会長なんだって」

「すっごく優秀だし、みんなに慕われてる」

「本人が言わなくても、ほとんど周りが決めちゃったみたい」

聞きたくもない話だ。

「ふーん。よかったね」

大体、猫がそんなことどうやって聞いたんだ。

「で、本題なんだけど。副会長の小川って男の子といい感じ」

そうか、そうだよな。エリカだって。

「ちょっかいかけてみようかなあって」

「好きにすれば」

どうでもいい。






「ねえ、エリカちゃんは結局どうしてるの?」

お母さんが唐突に聞いてきた。結局って何だ。

「何が?」

「聞いてないの?副会長の子と付き合い始めたって」

「知らない」

「前はあんなに仲良かったのに…。あんた」

嫌になってさっさと家を出る。


嘘登校が癖になっていた。

もちろん、お母さんの朝が早いときは家でゴロゴロしてる。


「ねえ、ちょっと見てみない」

いつものように河川敷でぼーっとしてると、いつかの声がした。

「…。付き合ってるとか?」

「そうそう」

ぶらつくのも飽きたし、行くことにした。


エリカはあいかわらずいい子だった。

でも、なんだかぎこちない。

「エリカ、どうしたの?」

本人になんて言えない。

当たり前のように学校の中に入ってきた黒猫に聞いた。

「どうも上手くいってないみたいでねえ」

「へえ」

「放課後に面白いものが見れるわよ」

「面白いもの?」

答えはなかった。



放課後、黒猫についていくと、エリカがいた。人気のない廊下に男子と2人。

男子と話してる。

あれが小川か。いかにも優男って感じ。好きじゃない。

「いい加減機嫌直してよ」

エリカに人懐っこく言う。こういうのも嫌いだ。

「全然気にしてないって」

笑って言うが、そうでもなさそう。

「こんなの見せたかったの?」

うんざりして、黒猫を見る。

「ここからよ」










「あんた知ってるんでしょ」

エリカのことだ。お母さんのこういう言い方は嫌いだ。

さっさと家を出る。

「ユウコ!」


河川敷に行くと黒猫がいた。

「あんた何したの?」

黒猫は何も言わずに歩き出す。

イラッとしたけど、あとについていった。

少し歩くとエリカがいた。川をじっと見て動かない。

いつもの制服姿だけど、何か違う。

「!?」

しばらく後ろに突っ立っていると、さすがに気づかれた。

「ユウコ?」

「どうしたの?」

「…どうでもいいでしょ」

「どうでもって…」

「ユウコはいいよね。そうやって好きにして…」

「小川のこと?」

「…」

エリカは逃げ出した。

「あんた何したの?」

黒猫に詰問した。

黒猫は何も答えない。

かわりに口を歪めて笑った。

猫ってこんな顔するんだっけ。妙な寒気がした。








河川敷に行くとエリカがいた。

男とキスをしているように見える。ずいぶん長くなりそうだ。

相手は小川だろう。二人とも人相が変わっている。

いつの間にか足元に黒猫がいる。

「あんた…」

思わず大きな声が出る。

黒猫はにやりと笑う。

エリカも気づいたようで、私の方に笑ったように見えた。

エリカのあんな顔は見たことがない。

橋の下に小川を導いていく。

「どうしちゃったの…」

呆然としていると、黒猫がポツリと言った。

「これが堕ちるということよ」

夜が始まった。
スポンサーサイト
[PR]

女尊男卑社会に関する調査報告

目の前で信じられない出来事が起こっている。

男が女に一方的に凌辱されているのだ。

青いアイシャドーの際立った派手なメイクの女が、茶色の長髪を振り乱して激しく腰を振っている。
ただでさえ大胆に胸の開いた服をはだけ、大量につけたアクセサリーをジャラジャラと鳴らす。
襲われている男は怯えるばかりで、ときどき思わずかん高い喘ぎ声をあげる。


信じられないのは逆レイプだけではない。

目の前で凌辱の限りを尽くす女には大きな男性器が生えているのだ。

男は女の大きなペニスで一方的に犯されている。


しかし、異常なのは女だけではない。

男の方、正確には男「だった」方も尋常ではない。
ついさっきまで男「だった」彼は、少女のように華奢な体になり、高い、か弱い声が漏れるのを必死に抑えている。

数十分前まで彼は何の変哲もない、どこにでもいる普通の男だった。

しかし、今彼を犯している女に出会ったことで、すべてが狂ってしまった。


女は巧みに男を路地裏に誘い出すと、男の体を舐めまわし、撫でさすり、さらには自らの性器に男のペニスをあてがった。

さすがに男も何かおかしいと気づいたのだろう。
逃げ出そうとして抵抗したが、すでに遅かった。

女が大きな嬌声を上げて達するのと同時に、男は果てた。
男ががっくりとくずおれたと思うと、女が甲高い笑い声をあげた。

「アッハハハハハハハ!!」

見ると、女の股間には大きな男性器がそそり立っている。
そして、男は体が縮み、髪が伸び、少女のような体つきになった。
先ほどまで盛んに脈打っていた性器は失われている。

ギャル風の女は手に入れたペニスを愛おしそうに撫でさすり、舌なめずりしていった。
「あんたから奪ったチンポでたっぷり調教してあげる♪」


「男」は性女に狩られ、性奴として生涯女に奉仕する運命にある。
これがこの社会の現状だ。

再開?

アクノス所長さんの『Village of Nightmare2』に触発されて久々に小説を書きました。

「ギャル化」もののつもりで書き始めたのですが、なんだかよくわからなくなりました。

エロ描写でゴリゴリ押せれば楽でしたが、服の語彙がさっぱりでしたね。

服の描写力があっても、男性読者にわかるか疑問ですが、趣味としてはその辺だったりするんですよね。う~ん。

文体も考えずにざっと書きましたが、いろいろ試してくつもりです。

久々にカス子とも格闘しました。

充たされるもの3

「気に入ってくれたみたいね」

1週間後、ユミコはまた同じ店を訪れていた。

「はい…」



ユミコは店の位置をほとんど覚えておらず、ネットで調べてもめぼしい情報はない。

1週間しか経っていないとはいえ、探し回った末にたどり着いた。

探すときにはいつもあのスカートをはいていた。

初めは恥ずかしかったはずが、いつのまにかこの女性に見てもらいたいと切実に思うようになった。

「ゆっくり見ていってね」

「…」

微笑む女性にユミコはコクリとうなずいた。



周りを取り囲むギャル風の服は以前にも増して魅力的で、何度も手に取って見入ってしまう。

やがて、そのうちの一着を手に取り、思わず顔をうずめてしまう。

「かわいいわねえ」

「あっ!ご、ごめんなさい!」

慌てて謝るユミコと対照的に、店員の女性は落ち着いた様子で応じる。

「ほらほら、さっそく着てみて。素敵な姿を私に見せて」

「……。はい」

促されるまま、紫色のワンピースを身にまとう。

1週間前に女性が着ていたものだ。


「どう?」

「すごい…。私じゃないみたい…」

生まれ変わったような自分に見とれてしまう。

胸元は大胆に開かれ、背中もほとんどまるだしになっているが、ユミコにはもう問題ではなかった。

「ちょっとこっちに来て」

「…」

女性に手を引かれるまま、店の奥に入っていく。

女性はユミコに化粧を施し、もう一度鏡を見させた。

「とっても素敵でしょう」

「はい…」

ポツリとつぶやくユミコの目は虚ろになっていた。

しかし、頬はピンク色に染まり、夢心地に浸っているとはっきりわかる。

「あの…。私もっと…。それに…お姉さんみたいに」

女性のほうを遠慮がちに見る。

「フフッ。本当にかわいいわね。私がもっと素敵にしてあげるわよ」

ユミコの頬にゆっくりと触れる。

「あ…」

ユミコはさらに頬を染める。

「私の色に染めてあげる」

「はい…。お姉さま…」

「フフ…」

恍惚に浸る少女を抱いて、女性は満足げにほほ笑んだ。

充たされるもの2

帰宅するとユミコは、買った(?)ばかりのスカートを袋から取り出し、ベッドに寝転んでまじまじと眺めた。

とんでもなく丈が短い。

階段を上っていたら、間違いなく下の人に下着を見られるだろう。

艶々とした光沢はきれいで、手触りもいい。

大きな赤いリボンもいいアクセントになっている。



今度は実際にはいて、鏡に映る自分を見てみる。

遊び半分であれこれとポーズをとる。

活発に動いたり、クネクネとしたり、できるだけ鏡から離れてみたり。

ひとしきり試すと、ユミコはまたベッドに寝転がった。

ゴロゴロと体を転がし、スカートが肌に触れるのを感じる。

なんだかわからないけど、気持ちいい。

「んっ…。はぁ…」

スカートに夢中になっているうちに時は流れ、ユミコはいつのまにか眠ってしまった。
プロフィール

ゆう

Author:ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
access counter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。