FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔女の人形

前作「美少女戦士は淫らなウィッチの夢を見るか」の続きです。


ダンボール戦機Wの第8話を見た興奮をそのままに、勢いで書いてみました。
あまりにもその通りのタイトル、内容だったので。










「それじゃ。また明日ね・・・」


いつものように火川神社に集まったはいいが、ミストレス9の動きが無く、居場所もつかめない。
結局何の進展も無いままセーラー戦士の少女たちは帰っていく。


ほたるとちびうさに続いてはるかとみちるまで犠牲になってしまった。正確に言えばもっと深刻なのだが。

さすがのうさぎですら、声に元気が無かった。後姿もこころなしか頼りない。


そんなうさぎにレイが駆け寄る。
「うさぎっ!」

心ここにあらずでとぼとぼと歩いていたところに不意をつかれた。
「わっ!レっ・・・レイちゃんってば!・・・びっくりしたなあ」
ぎょっとして声を上げる。慌てる様子は普段とあまり変わらない。

「ぼーっとしちゃって、もう・・・」
レイの声は穏やかだが、明るい。うさぎが本気で落ち込んだとき、そばにいて励ましたあの声だ。

「心配しなくても大丈夫よ!ちびうさちゃんも、ほたるちゃんも、みんなきっと助かるわよ!!」


「・・・・・・ありがとう・・・」
レイのシンプルな言葉に勇気づけられ、ほっと一息つく。
「レイちゃんも無理しないでね!あたしでよければいつでも相談して!それじゃ!」

「ええ!」
少しだけ元気を取り戻したうさぎを、レイは笑顔で見送った。





一人、火川神社に残ったレイは、他の4人とは明らかに様子が違った。

「すぐにあなたもデスバスターズの一員にしてあげるわ。フフッ・・・」
先ほどとは似ても似つかない艶やかな微笑が浮かぶ。

「でも、その前に・・・」










「レイちゃん?どうしたの」
「ごめんね。こんなこと亜美ちゃんにしかお願いできないの」


レイからの通信を受けて、引き返してきたのは亜美だった。
「すぐに済むからね。こっちに来て」
そそくさと歩き出すレイ。





「ここは・・・?」
亜美は導かれるままに、レイがいつも祈祷をしている部屋へ入った。
「真っ暗・・・。レイちゃん?」
部屋の中に明かりは無く、しんと静まり返っている。


背後で戸が閉められ、完全に闇包まれる。


「ウフフ・・・。やっぱりお利口さんね。セーラーマーキュリー」
少女を惑わした魔女は勝ち誇ったようにつぶやいた。暗がりから聞こえる声は信じられないほど冷たい。


「え?どういう・・・」
異変を感じてとっさに辺りを見回す。


暗闇に目が慣れるにつれ、壁に貼られた札が目に入る。
紫色の五芒星が書かれた、真っ黒な札だ。
「これは・・・」


「うっ・・・」
めまいに襲われ、亜美は膝をついてしまう。



「ようやく自分が虜になったことに気づいたかしら?アハハハッ!!」
高笑いするレイ。正義の戦士を陥れることが心地よくてたまらないのだ。



「レイちゃん・・・・・・。どうしちゃっ・・・たの・・・?はぁ・・・く!」
床に倒れこんだ亜美は部屋に漂う邪な気にあてられてあえぐ。いまだに状況が理解できない。


「大丈夫よぉ?マーキュリー。あなたにはまず人形になってもらうだけだから」
レイがいつの間にか目の前にいた。見下ろす瞳は悦楽に酔い痴れ、濁っている。

「さぁて・・・」


髪をわしづかみにして顔を持ち上げられ、亜美は表情をゆがめる。
「うっ!」


「はあ・・・・・・一体・・・レイちゃん?」
視線の先にいる、仲間の変わり果てた姿に目を疑う。

「そんな・・・!ユー・・・ジアル?」

赤い衣に身を包むレイはかつて倒したはずの敵とまったく同じ姿になっている。
目の前の存在が何者なのかようやくわかりはじめた。


「フフ。すぐにウィッチに染め上げてもいいんだけど、人数が多いからね。ちょっと遊んであげる」
真っ赤に染まった挑発をかきあげ、ぐっと顔を近づける。


「え?・・・ん!・・・・・・あ・・・」
レイに突然唇を奪われる。亜美は抵抗する力も無く、なされるままになってしまう。
「ん・・・」

レイはわざとらしくピチャピチャといやらしい音を立てて、亜美の唇を貪った。




「それじゃあ、仕上げね」
「・・・」
もはや声を出すこともままならない。ぼんやりと見つめるレイの手には黒い札がある。手はそのまま亜美の胸元へと伸びていく。


「!?」
「フフ・・・」
レイは淫靡に笑いながら、邪悪な気を放つ札を無抵抗の少女の胸へとズブズブと埋め込んでいく。
闇に堕ちた巫女を前に、亜美はなす術が無かった。


「(何?この力・・・。あ・・・ダメ・・・!)」
必死に動こうとしても、亜美の体は言うことをきかない。


「(あ・・・・・・・レ・・・イ・・・)」


次第に意識が薄れてゆき、やがて完全に失神した。





「これから面白くなるわよ。アハハハハ!ハハハハハハッ!!!」
ウィッチと化した少女は、かつての親友を手駒として手に入れたことに狂喜した。













数十分後。


「さあ、目覚めなさい、水野亜美」
ウィッチマーズに命じられ、ゆっくりと身を起こした亜美の瞳に光は無かった。
「はい・・・」
抑揚の無い返事で応じる。


火の魔女は、起き上がった人形の目をまっすぐに見つめる。
すると、亜美の瞳に紫色の五芒星が浮かび上がった。
「お前はセーラーヴィーナスを・・・、愛野美奈子を少しずつ調教していくの・・・」

「はい」
虚ろな声が響く。


「お前は女をよがらせるのが楽しくてたまらない。じっくりとじらしながらね」


「はい。私は女をよがらせるのが楽しくて仕方ありません」
繰り返す。


「お前は女をもてあそぶのが好きで好きでたまらない」


「はい。私は女をもてあそぶのが好きで好きでたまりません」



「それじゃあ、こんなにすばらしいことは無いわね」


「はい」




「さあ、思う存分味わってきなさい」
ウィッチマーズは生まれ変わった人形を満足気に送り出す。



「フフフフフ・・・。お任せください。あの娘はたっぷりとかわいがって、従順な下僕にして見せます」
亜美の瞳は相変わらず虚ろなままだが、淫らにささやいた口元は邪悪にゆがんでいた。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

白ちゃんと被洗脳

しばらく更新しないと書きましたが、勢いで書き上げてしまったのでせっかくだから公開しておきます。
FORTUNE ARTERIALの東儀白ちゃんと一緒に洗脳される話です。
どこまで丁寧にしたものか決めかねたのもあって敬語がめちゃくちゃですが。
それではどうぞ。


















まさかこんなことになるとは思わなかった。

東儀白ちゃん。小柄で、強く叩けば折れてしまいそうなくらい華奢なからだのかわいらしい女の子。透き通るような銀髪に澄んだ緑の瞳、小動物を思わせる声とあどけない表情は今までに会ったどの女の子よりも魅力的だ。
その白ちゃんに突然呼び出されて、ありえないと自分に言い聞かせながらも多少は期待して約束の場所に来ると、とんでもないことになってしまった。

いつもは澄んだ緑色の白ちゃんの瞳が今は赤く、虚ろだ。誰が彼女をこんな風にしたのかは考えなくてもわかる。白ちゃんがひざまずいている女、この女の仕業だ。
「よくやった、白。この男はお前の下僕として使わせてやろう」
すだれ越しに尊大な口調で吐かれた言葉に驚いた。一体何を言ってるんだ?
「ありがとうございます。伽耶様」
しかし、白ちゃんは戸惑うそぶりも見せずに女に感謝の言葉を述べた。その様は小さなからだにはそぐわず、理性を奪ってしまいそうなほどの色欲を感じさせる。

伽耶と呼ばれた女がにやりと笑ったような気がした。
白ちゃんは何も言われていないにもかかわらず、迷わずすだれを上げた。まるで伽耶という女に完全に心を操られているかのようだ。
やがて、着物を着た女の姿、微笑を浮かべた口元が見える。そして、赤く光る目が・・・
(光栄に思え。私の人形になれるのだ)
「!!」
視界全体が暗転した。








あれ?俺は何をしていたんだっけ?
「後は白に任せよう。こやつは白の下僕なのだからな」
伽耶様のお声が聞こえる。ということはここは伽耶様のお屋敷か。
状況を把握し始めていたところで白様がおっしゃった。
「ついてきてください。私の奴隷」
「はい、白様。仰せのままに」
白様のご命令に従って、お屋敷を出る。


それからしばらく歩いて、そろそろ着かないものかと思い始めたころに白様のご自宅に到着した。
中に入ってすぐどうしたものかと躊躇していると、
「何をしているんですか。お前は私の奴隷、下僕ですから私の部屋までついてきて奉仕するのが当たり前でしょう?」
白様のお言葉を聞いて納得した。どうしてそんなこともわからなかったのだろう?

白様の後に続いて彼女のお部屋に入る。これから何をすればいいんだったか、思い出せない。思案しているとまたもご指示をいただいた。
「こっちに来てください。お前は私のおちんぽ奴隷ですよ」
そうだった。白様をお待たせしてはいけない。すぐに駆け寄ってご奉仕を始める。
「失礼します」
白様のスカートを上げてショーツを下ろし、クンニをする。
「んっ!」
白様のそこはすでにぐしょぐしょに濡れていた。喘ぎ声が何ともいやらしい。
「それでいいんですよ。続けてください」
「はい。お任せください」
そのままクンニを続ける。


「あっ!んんっ・・・んあっ!いいっ・・・いいですっ!!」
白様に感じていただけるのは至上の喜びだ。更なる快楽を味わっていただきたくて、クリトリスを刺激させていただく。
「んあああああっっ!!そこっ・・・はあ・・・んっ・・・んっ・・・いいいいいっっ!!」
上手くいったようだ。
「あっ・・・あっ・・・んんっ!!はあ・・・きもち・・・いい・・・!」


頃合いを見て白様の愛液にまみれた口をそこから離す。
「白さまそろそろ・・・」
「はあ・・・はあ・・・そうですね・・・来てください」
白様のお許しを得て、下半身をあらわにする。
すでにグチョグチョになっている白様のオマンコにゆっくりと入っていく。
「んん・・・あああっ!」
白様の素敵なお声が聞こえる。
すべて入りきったところでまた尋ねる。
「よろしいですか?白様」
「ええ。動いて・・・ください・・・」

「んああっ!あああっ・・・いいっ!きもち・・・いいですっ!もっと・・・もっと激しく・・・あっ!・・・してくださいっ!!」
白様はいつになくみだらに喘がれる。
「はいっ!もっと・・・くっ・・・白様のために・・・ご奉仕・・・いたします・・・」
白様にお仕えしているときは他ではありえないような幸福を感じることができる。
伽耶様のご命令でご主人様になってくださったこのかわいらしいお方こそ、俺が一生をささげる相手なのだ。
「そうっ!そうですっ!おちんちん・・・いいっ!!」
白様のこのお声を聞くことが生きる目的だといっていい。


そしてそのときが来る。
「イクっ!イキますっ!私・・・んっ・・・あああっっ!!」
白様が絶頂を控えて声をお上げになる。
「はい・・・私も・・・もうすぐ・・・くっ・・・うっ・・・」
「あっ・・・イクっ・・・イクっ・・・んっ・・・んっ・・・ああああああああああああっっっ!!!」
俺は白様の絶頂と同時に白様の中に大量のザーメンを放った。



「ふふ。いい子ですね。この調子で永遠に私の下僕として奉仕するんですよ」
白様が赤い虚ろな瞳を輝かせて満足気におっしゃる。
「はい。この上なく光栄です。私は白様にお仕えするためだけに存在するのですから」
改めて自分の幸運をかみしめた。

ティアーユ洗脳

矢吹健太郎の「BLACK CAT」のキャラクター、ティアーユの洗脳SSです。
良かったら読んでみてください。









トレインたちの訪問、星の使徒による襲撃、エーテスによる自らのコピーからしばらくのときを経て、ティアーユは再びそれまでと同じ生活を取り戻していた。
エーテスが彼女をコピーした以上、星の使徒が彼女に接触する理由はもう何もないからだ。

「はあ…」

イヴのことは今でも気にかかるが、もう彼女はティアーユの手の届かない所へ行ってしまった。また、ティアーユが今更干渉してくることも歓迎しないだろう。

何もできない自分に情けなさと安堵の入り混じったような感情を抱く。



そんな生活を数週間続けていたティアーユに、変化は突然訪れた。彼女の前に再び星の使徒が現れたのだ。

「一体何の用です?私はもう必要ないのではなかったんですか?」
ティアーユは気丈に問いかけた。普段寡黙ではあっても、意志の強さは持っているのである。

「確 かにエーテスが君をコピーしたことによって君の頭脳を手に入れることには成功した。しかし、こいつはあくまでも君の頭脳を写し取って貼りつけたサルにすぎ ない。彼は僕たちの指示を君の知識を使って実行するだけだ。君の発想、君の意思が手に入らなければ、本当の意味で僕たちの目的が達成されることはないんだ よ」
星の使徒の頭脳にあたる男、ドクターが説明した。
そのすぐそばにはティアーユと全く同じ姿、ただし肌の露出をいとわない卑猥な格好のエーテスがいた。ティアーユをコピーした時には威勢の良かったはずのエーテスが今はなぜか空虚な目をしてぼんやりと佇んでいる。

「要するに、僕たちにはやはり君が必要なんだ。ティアーユ博士。それも君の知識だけではなく君の心まで含めてね」
ドクターが続けた。

自分が逃げ場のない状況にあることをとうに認識していたティアーユはあらかじめ用意していた言葉を淡々と言い放った。
「なんと言われようと、私はあなたたちに協力する気はありません。たとえ命を失うことになっても、私のしてきたことに対する当然の報いとして受け入れる覚悟です」

「さすがだね。そうでなくちゃわざわざ手に入れる意味がない」
ドクターはティアーユの言葉にひるむどころか、むしろ満足げだった。
「今何と言っていようと構わない。今の君はすぐに消えてなくなるのだから」

不気味な言葉にティアーユが眉をひそめるのとほぼ時を同じくしてドクターが最初の一手を下した。
「エーテス。彼女に自分と彼女の立場を教えてあげるんだ」

「はい…。ドクター…」
ティアーユと同じ顔が虚ろな声で呟いた。

気がつくとエーテスはティアーユの目と鼻の先にいた。ティアーユが息を飲むのを察してか、エーテスは以前の様子からは想像もつかないような落ち着いた声で囁いた。
「怖がらなくていいのよ。私はあなたのコピー。そしてあなたは私。私たちは限りなく同じ存在に近いのよ」

エーテスの変貌ぶりに気付きながらもティアーユは身動きを取れなかった。その声に引き込まれていってしまう。


「私たちは星の使徒。クリード様の下僕として働くことが私たちの使命なの」

「星の……使徒……。クリード……様……」
ティアーユがぼんやりとつぶやく。その眼にはもう何も映っていなかった。自らとエーテスの存在を分かつものさえも。

「私は……、私は……」
すでに自らの存在の境界を見失ったティアーユは何かすがることのできるものを求めるかのようにかよわい声で繰り返した。

「あなたはかつてティアーユだった。飛び抜けた才能を持つ研究者としてナノマシンの開発を進めた。だけど、今はもう違う。ドクターの手によってその存在は変えられた。星の使徒、クリード様のためだけに生きる存在に」
その時にはエーテスの声はティアーユにとっては心の中の声として彼女に絶対的な真理を告げていた。





「ええ。私はエーテス。星の使徒の一人としてクリード様に永遠の忠誠を誓うわ」
ついさっきまでティアーユだった女性は星の使徒としての自らの立ち位置を確認した。


「さて、それでは用済みになった古いエーテスには退場してもらおうか」
ドクターがティアーユを誘惑したエーテスに手をかざすと、その姿は煙のように霧散していった。

「さあ、エーテス。今着ている服を脱ぎ捨ててそこに落ちているものを身にまとうんだ。それが君がエーテスである証になる」

「はい…ドクター…」
虚ろにつぶやくと、新たなエーテスは衣服を脱ぎ捨て足元にある卑猥な装束に身を包んだ。いや、むしろその妖艶な体をより強調したと言っていいだろう。

「ドクター。クリード様の計画を実現するために提案したいことがいくつかあります。この世界がクリード様のものになる、すばらしい未来のための提案が」
ティアーユだった女の目には露ほどの疑いの色もなく、ただクリードの支配する世界の実現のためだけに奉仕することを心の底から喜ぶさまが見て取れた。
プロフィール

ゆう

Author:ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
access counter
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。