FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

充たされるもの3

「気に入ってくれたみたいね」

1週間後、ユミコはまた同じ店を訪れていた。

「はい…」



ユミコは店の位置をほとんど覚えておらず、ネットで調べてもめぼしい情報はない。

1週間しか経っていないとはいえ、探し回った末にたどり着いた。

探すときにはいつもあのスカートをはいていた。

初めは恥ずかしかったはずが、いつのまにかこの女性に見てもらいたいと切実に思うようになった。

「ゆっくり見ていってね」

「…」

微笑む女性にユミコはコクリとうなずいた。



周りを取り囲むギャル風の服は以前にも増して魅力的で、何度も手に取って見入ってしまう。

やがて、そのうちの一着を手に取り、思わず顔をうずめてしまう。

「かわいいわねえ」

「あっ!ご、ごめんなさい!」

慌てて謝るユミコと対照的に、店員の女性は落ち着いた様子で応じる。

「ほらほら、さっそく着てみて。素敵な姿を私に見せて」

「……。はい」

促されるまま、紫色のワンピースを身にまとう。

1週間前に女性が着ていたものだ。


「どう?」

「すごい…。私じゃないみたい…」

生まれ変わったような自分に見とれてしまう。

胸元は大胆に開かれ、背中もほとんどまるだしになっているが、ユミコにはもう問題ではなかった。

「ちょっとこっちに来て」

「…」

女性に手を引かれるまま、店の奥に入っていく。

女性はユミコに化粧を施し、もう一度鏡を見させた。

「とっても素敵でしょう」

「はい…」

ポツリとつぶやくユミコの目は虚ろになっていた。

しかし、頬はピンク色に染まり、夢心地に浸っているとはっきりわかる。

「あの…。私もっと…。それに…お姉さんみたいに」

女性のほうを遠慮がちに見る。

「フフッ。本当にかわいいわね。私がもっと素敵にしてあげるわよ」

ユミコの頬にゆっくりと触れる。

「あ…」

ユミコはさらに頬を染める。

「私の色に染めてあげる」

「はい…。お姉さま…」

「フフ…」

恍惚に浸る少女を抱いて、女性は満足げにほほ笑んだ。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

充たされるもの2

帰宅するとユミコは、買った(?)ばかりのスカートを袋から取り出し、ベッドに寝転んでまじまじと眺めた。

とんでもなく丈が短い。

階段を上っていたら、間違いなく下の人に下着を見られるだろう。

艶々とした光沢はきれいで、手触りもいい。

大きな赤いリボンもいいアクセントになっている。



今度は実際にはいて、鏡に映る自分を見てみる。

遊び半分であれこれとポーズをとる。

活発に動いたり、クネクネとしたり、できるだけ鏡から離れてみたり。

ひとしきり試すと、ユミコはまたベッドに寝転がった。

ゴロゴロと体を転がし、スカートが肌に触れるのを感じる。

なんだかわからないけど、気持ちいい。

「んっ…。はぁ…」

スカートに夢中になっているうちに時は流れ、ユミコはいつのまにか眠ってしまった。

充たされるもの1

都会の高校に通うようになって、もうすぐで1年経つ。

今年度最後のテストも今日で終わり、肩の力が抜けた。


「ねえ、ユミコは化学どうだった?」

「えっ?」

驚いて顔を向けると、隣の席のナオが答えを待っている。

「え~と・・・。2問くらいちょっと自信ないかな」

「あー、やっぱりすごいなあ」

謙遜気味のつもりだったけど、ナオには難しい問題だったらしい。

「受験もまだまだ先だし、そんなに気にすることないよ」

「うーん…。でも、自信なくしちゃうなあ」




帰りの電車を待つ間も、ナオは浮かない顔だった。

「今日も塾?」

ナオは東京の私大に進学するつもりで、1年生のうちからもう塾に通っている。

「うん。テストの反省みたいなことも言わされるって」

「そんなこともあるんだ」

「行きたくないよぉ」

「あはは…」

ふさわしい言葉を思いつかないまま、彼女より3つ先の駅で降りる。

「じゃあ、また」

「うん…」


ナオと別れて乗り換えのために長い階段を上る。

はじめのうちは、この階段だけでずいぶん疲れたけど、今ではすっかり慣れた。

帰ってもやることないしなあ、と思ってぼーっとしていると、いつの間にか改札を出ていた。


テストで昼前に学校が終わったので、いつもは混みあっている駅も人がまばらだ。

苦手な人混みがないし、いい機会だ。街を目的もなく歩いた。

なんとはなしに服屋を眺めて見たが、どれもいまひとつピンと来なかった。


「あれ?」

そうこうしているうちに、街の中心部から離れてしまったらしい。

駅がどちらにあるのかもわからない。

やれやれ、とスマホで駅の方角を調べると、隣の駅のほうが近いくらいのところだ。

ユミコは隣の駅まで行くことにした。

定期の範囲内だから余計なお金はかからないし、来た道を戻るのもつまらない。


しかし、すぐに後悔することになった。

道が入り組んでいてかえって余計に歩くことになったのだ。

うんざりして足を止めると、何かの店が目に入った。



せっかくだからと思い、中をのぞいてみる。

どうも服屋のようだ。しかし、その割に陳列の仕方は雑然として、値札もついていない。

何より、露出の多いギャル風の服ばかりで、見ているだけでも恥ずかしくなってくる。

こんな服を、こんなところまで買いに来る人がいるのか疑問だ。


「あらあら、かわいいお客さん」

後ろからの声に思わず、ビクッとなって振り向くと、短い金髪の女性が目の前に立っていた。

「こういうお店は初めて?気になるのがあったら着てみてね」

「は…、はい」

なれなれしい店員は苦手だけど、この人にはなぜかいやな感じがしない。

紫色のワンピースを着て、ゆったりと構える姿には、惹かれるものがあった。

こんな服誰が着るんだろうと思っていたはずが、いつのまにか店中を回っていた。

一着のスカートが目に留まり、しばらく足が止まる。

「それが気に入ったの?」

「えと…」

それは黒のミニスカートで、艶々とした光沢のサテン生地と大きなリボンで派手さを増していた。

「恥ずかしがらないで、はいてみなさい」

「でも…。えっ…!」

躊躇していると、女性はかかみこんでユミコの制服のスカートを脱がせ始めた。

「何するんですか!」

「いいから、ほら」

代わりにさっきまで見ていたスカートをはかされる。

「どう?」

「あ…」

味わったことのない感覚だ。

ぼんやりと心地いい。

服を着てどうこうというより、どこか全く知らない場所の空気に包まれているようだ。

「よかったみたいね」

「でも、私お金が…」

「お金はいつでもいいわ。あなたが素敵になってくれればね。はい!」

言われるがままに、ユミコはスカートを受け取り、帰路についた。

プロフィール

ゆう

Author:ゆう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
access counter
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。